NFTゲーム

NFTゲームの始め方・必要なものを簡単解説

スポンサーリンク

本記事ではNFTゲームを始めるのに必要なもの・NFTゲームの始め方について解説します。

この記事がおすすめな人

  • 流行を先取りしたい人
  • NFTに興味のある人
  • NFTゲームに興味のある人
  • NFTゲームで稼げるようになりたい人

NFTアートとともに最近話題になっているNFTゲーム。

ゲームで遊ぶだけで稼ぐことができる」と聞いて興味を持っている人も多いのではないでしょうか。

その一方で

いざ始めてみようと思っても何から準備したらいいのかわからないよ…。

こんな人も多いはず。

そこでこの記事では

  • NFTゲームをするのに必要なもの
  • NFTゲームの始め方

について解説します。

初めての方には難しいかもしれませんが、必要なものの役割を理解できていると、これからのNFT時代を有利に立ち回れるはずです。

最後まで読んでいただければ、NFTゲームを始めるために何が必要で、どのような手順で始めるのかがわかるようになりますよ。

この記事の要約

  • NFTゲームに必要なもの
    1. 国内取引所
    2. 海外取引所
    3. ウォレット
    4. マーケットプレイス
  • NFTゲームを始めるまでの手順
    1. 日本円を暗号資産に変える
    2. 海外取引所に送金する
    3. 暗号資産をゲーム内通貨の暗号資産に変える
    4. ウォレットとNFTゲームを紐づけする
    5. ウォレットに暗号資産を送金する
    6. マーケットプレイスでゲームに必要なものを購入する

NFTゲームに向けて準備するもの

まずNFTゲームをプレイするのに必要なものを解説します。

注意

大前提として、NFTゲームは暗号資産を利用します。

つまりお金がかかります(ものによっては初期投資で5万円〜10万円)。

暗号資産はリスク資産です。

くれぐれも余裕資金の範囲で遊ぶようにしてください。

ゲームによって必要なものは多少変化します。

しかし、ここで解説するものが理解できていれば、どんなゲームでもすんなりと始めることができるはずです。

以下のものをベースに、ゲームに応じて必要なものを準備してください。

NFTゲームに必要なもの

  • 国内取引所
  • 海外取引所
  • ウォレット
  • マーケットプレイス

国内取引所

NFTゲームでは暗号資産が必要になります。

ですので、日本円をビットコインやイーサリアムなどの暗号資産と交換するために、国内の取引所が必要です。

取引所とは、普段使っているお金を暗号資産に変えるところ。

コインチェックやGMOコインなどが有名ですね。

ちなみに取引所は海外にもあります(後述)。

取り扱っている種類も海外の方が多いですが、日本円を変換するには国内の取引所が必要です。

ゲームで獲得した暗号資産を日本円に戻すときにも利用しますので、国内取引所は必ず準備しましょう。

海外取引所

次に、ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産をゲーム内で利用する暗号資産に変換するために、海外の取引所が必要です。

各ゲーム内で利用する暗号資産は、大抵の場合日本の取引所では取り扱いがありません。

ですので、より取り扱い数の多い海外の取引所を利用する必要があります。

ゲーム内で利用する暗号資産は、各ゲームによりまちまちです。

取り扱いのある海外取引所を利用しましょう。

注意

海外取引所は金融庁から正式に許可されていません(2022年1月時点)。

日本人でも利用できますが、自己責任になるのでご注意ください。

ゲーム内で獲得した暗号資産をビットコインやイーサリアムに変換する際にも必要になりますので、必ず準備しましょう。

有名どころは「BINANCE」ですね。

日本語にも対応していますし、免許証があれば数分で口座開設手続きが完了、1時間ほどで取引を開始できます。

ウォレット

ウォレットとは、暗号資産やNFTを管理する財布のようなものです。

  • 取引所で取得した暗号資産を管理する
  • NFTゲームなどで取得したNFTを管理する
  • NFTゲームで使うための暗号資産を入れておく

こういった場面で利用します。

暗号資産は取引所に置いておくこともできます。

しかし、そのままではNFTゲームの中で利用することはできません。

実際のお金も銀行に置いてあるだけでは使えませんよね?使うためには一度財布に移動するのと同じです。

また、NFTゲームなどで取得したNFTを管理することも可能です。

ウォレットの種類としては

  • 各ゲームごとの専用ウォレット
  • 他のサービス全般に利用できる汎用的なウォレット

があります。

一般的には専用ウォレットの方が手数料が少ないですし、便利機能が付いていることが多いです。

新しいゲームをする度にウォレットが増えるのは面倒ですが、基本的には専用ウォレットを利用しましょう。

マーケットプレイス

マーケットプレイスとは、NFTを売買する場のことです。

メルカリのNFT版と考えるとわかりやすいでしょう。

NFTゲームを始めるのに、最初にアイテムを購入する必要がある場合、このマーケットプレイスで購入することになります。

ウォレットと同じように

  • 各ゲーム専用のマーケットプレイス
  • NFT全般の取り扱いがあるマーケットプレイス(OpenSeaなど)

がありますが、基本的には各ゲーム専用のマーケットプレイスがいいです。

基本的なNFTゲームの始め方

ここまではNFTゲームに必要なものを解説しました。

ここからは、実際にどのような手順でNFTゲームを始めるのか、順をおって解説します。

ぶっちゃけ、ゲームによって準備するもの・準備の手順は様々です。このややこしさがNFTゲームの敷居を上げている要因でもあります。

しかし、基本的な流れを把握できていれば、ゲームごとに違う準備も理解しやすくなります

NFTゲームをする準備

  1. 日本円を暗号資産に変える
  2. 海外取引所に送金する
  3. ゲームで利用する暗号資産に変える
  4. ウォレットとNFTゲームを紐づける
  5. ウォレットに送金する
  6. マーケットプレイスでゲームに必要なものを購入する

日本円を暗号資産に変える

まずは国内取引所で日本円を暗号資産に変換しましょう。

NFTを扱う中でよく使われるのはイーサリアム(ETH)です。

どの暗号資産に変えたらいいのかわからない時は、とりあえずイーサリアムに変換しておけば大丈夫でしょう。

海外取引所に送金する

日本円をイーサリアムに変換しましたが、このままではNFTゲームで使えないことがほとんどです。

NFTゲームで使う暗号資産に変換するために、一度海外の取引所に送金しましょう。

ポイント

ゲームによって、利用する暗号資産はまちまちです。

海外取引所で取り扱いがある場合もありますし、専用マーケットプレイスでイーサリアムで購入(変換)できる場合もあります。

例)「Axie infinity」の場合は海外取引所で取り扱いがありますが、「クリプトスペルズ」の場合は専用マーケットプレイスで購入(変換)。

遊ぶNFTゲームに応じて、送金先を選ぶようにして下さい。

ゲーム内で利用する暗号資産に変える

送金したイーサリアムを、NFTゲーム内で使う暗号資産に変換します。

海外取引所で取り扱いがある場合と、専用マーケットプレイスで購入する場合とありますので、ゲームによって変換場所を変えてください。

要は「ゲーム内通貨に変換できればOK」です。

ウォレットとNFTゲームを紐づけする

ウォレットとNFTゲームを紐づけします。

ウォレットとNFTゲームが紐づいていないと、ウォレットに送金したゲーム内通貨がゲーム内で使えないですし、ゲームで手に入れたNFTをゲームの外に持ち出すことができません。

  • ウォレットのアカウントでゲームアカウント作成(自動で紐づけ)
  • ゲームアカウントは先に作成し、後からウォレットと紐づけ

ゲームによってこの2パターンがありますが、どちらでも大丈夫です。

ウォレットに送金する

NFTゲーム内で使う暗号資産とウォレットの準備ができたら、暗号資産をウォレットに送金します。

これで、ゲーム内で暗号資産を使用することができるようになります。

マーケットプレイスでゲームに必要なものを購入する

最後にマーケットプレイスで必要なものを購入しましょう。

ゲームによっては、最初に必要なものを購入しなければならない場合があります(Axie infinityなど)。

  • 専用マーケットプレイス
  • NFT全般の取り扱いがあるマーケットプレイス

この2種類がありますが、専用マーケットプレイスがあるならそちらで間違いないです。

NFTゲームの準備まとめ

まとめると以下の図のようになります。

NFTゲームの始め方

繰り返しになりますが、ゲームによって必要なものは様々です。

ゲーム内通貨用に暗号資産を準備しない場合もありますし、マーケットプレイスで何か買わなくてもいい場合もあります。

この一連の流れをベースに、「このゲームはゲーム内通貨用の暗号資産に変換しなくていいのね。」「このゲームは最初にアイテムを買わなくていいのか。」という具合に調整してください。

NFTゲームをするなら国内の取引所が必要

NFTゲームをするには暗号資産が必要になりますので、国内の取引所で日本円を暗号資産に変えなくてはなりません。

また、NFTゲームによって獲得した暗号資産を日本円に換金するのにも、国内の取引所が必要です。

おすすめ取引所

  • コインチェック
  • GMOコイン

コインチェック

コインチェックはマネックス証券グループの暗号資産取引所です。

手数料が高い一方で、初心者でも使いやすいのが特徴です(詳しくはこちらの公式記事にて)。

  • 暗号資産の取引が初めて
  • 使いやすいのが一番!

こういった方はコインチェックがおすすめです。

コインチェックで口座開設する

GMOコイン

GMOコインはGMOグループの暗号資産取引所です。

GMOコインの特徴はなんといっても手数料の安さ

  • 口座開設
  • 即時入金
  • 暗号資産送付
  • 出金

これら全ての手数料が無料です。

とにかく手数料を安くしたい!という方はGMOコインがおすすめです。

GMOコインで口座開設する

まとめ

NFTゲームに必要なもの、始め方について解説しました。

まとめ

  • NFTゲームに必要なもの
    1. 国内取引所
    2. 海外取引所
    3. ウォレット
    4. マーケットプレイス
  • NFTゲームを始めるまでの手順
    1. 日本円を暗号資産に変える
    2. 海外取引所に送金する
    3. 暗号資産をゲーム内通貨の暗号資産に変える
    4. ウォレットとNFTゲームを紐づけする
    5. ウォレットに暗号資産を送金する
    6. マーケットプレイスでゲームに必要なものを購入する

NFTゲームは準備するものが多いですし、慣れないと始めるまでに一苦労します。

しかし

  • 新しい技術を先取りしたい
  • NFTに興味がある
  • ゲームで稼ぐことに興味がある

こういった方はぜひ挑戦してみることをおすすめします。

一度やってみると何となくわかるようになりますし、やっているうちに慣れてきますよ。

興味があるなら一歩踏み出してみましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

合わせて読みたい

遊んで稼ぐ?NFTゲームとは【かんたん解説】

スポンサーリンク

-NFTゲーム

© 2022 やすけブログ Powered by AFFINGER5